VPN規制後の中国でも安定して接続できる!無料体験▶

アメリカ、香港、台湾、韓国、日本などの複数の国にVPN接続できるメリット

日本以外にもアメリカ、香港、台湾、韓国にVPN接続できる!

複数の国に接続できるメリット

日本のVPNサーバーが遅い?!

日本のサーバーが遅い?!

海底に敷設または埋設された通信や電力などを送るためのケーブルを海底ケーブルと言います。この海底ケーブルを使用して、電話やインターネットなどのデータを世界中でやりとりしています。

中国と日本の間にも海底ケーブルがあります。しかし、この海底ケーブルは古い上に容量が少なく、又、データのやりとりを行う利用者が多いことにより、日中間の接続ポイントで常に混雑が発生しています。これが日中間で通信速度が遅い原因です。

容量の大きいケーブルを敷設しなおすと通信速度は改善されます。そういう未来を待ちましょう。

アメリカや台湾のサーバーが速い理由

アメリカや台湾のサーバーが速い理由

2008年に中国とアメリカを直接結ぶ海底ケーブルが開通しました。以前は中国からアメリカへの通信は日本を経由する必要がありましたが、日本を経由する必要がなくなり、また、通信容量が大幅に拡張されたことにより中米間の通信速度が速くなりました。

2012年には中国と台湾の間にも大容量の海底ケーブルの敷設が完了したことにより、中台間の通信が大幅に改善されました。そして、2016年にはGoogleが台湾と日本の間に光ファイバー海底ケーブルを敷設しました。これらにより中国から台湾経由での日本への通信速度が速くなりました。

香港は中国大陸に近く、韓国は台湾との通信状況が良いです。

これらの理由により、中国から海外のサーバーに接続を行ったときの通信速度は日本よりもアメリカや台湾、香港、韓国などが速くなります。

3つのリスクヘッジ(危険回避対策)

3つのリスクヘッジ(危険回避対策)

VPN接続できる国が5カ国

日本以外にもアメリカ、台湾、香港、韓国にVPN接続できることにより、ある国への通信が遮断された場合でもVPN接続が不可能になる事態を回避できます。

40台以上のVPNサーバー

複数の国に複数台のサーバーを稼働させることにより、あるVPNサーバーへの通信が遮断された場合でもVPN接続が不可能になる事態を回避できます。

3つの接続方式

複数のVPN接続方式を使用することにより、ある接続方式での接続が遮断された場合でもVPN接続が不可能になる事態を回避できます。

※PPTP、L2TP、OpenVPN、SSR(ShadowSocksR)などの中国で接続できない、または接続できてもすぐに切断や遮断されるような接続方式は提供させていただいておりません。
タイトルとURLをコピーしました