VPN規制後の中国でも安定して接続できる!無料体験▶

中国のネット規制回避にはVPNだったが…

ネット規制回避の方法を発見も中国政府が規制へ

中国のネット規制回避にはVPNだったが…

VPNとは?

VPNとは?

以前は、離れた拠点にあるネットワークを安全に接続するためには専用線で接続することが一般的でした。しかし、専用線接続は費用がかかるため、低コストで安全性も高く離れたネットワークを接続する方法としてVPN(Virtual Private Networkの略)が開発されました。VPNでは専用線が必要なく、公衆回線(一般のインターネット回線)で接続が可能なため低価格でネットワーク接続を行えるようになりました。デメリットとしては、公衆回線を使用するため通信速度が犠牲になります。

VPNでネット規制を回避できる理由

なぜVPNで中国のネット規制を回避できるのか?

実際にはPCやスマートフォン、タブレットのVPN接続機能やVPN接続アプリを使用し、海外のサーバーへ接続することをVPN接続と呼んでいます。中国にあるPCやモバイル端末がVPN接続により海外のサーバーに接続すると、PCやモバイル端末が接続した海外のサーバーが目的のサイトを閲覧することなります。この海外のサーバーは中国国外にあるため中国のネット規制の影響をうけることはありません。このようにPCやモバイル端末がVPNサーバーを経由してインターネットを行うことで規制の回避が可能になります。
又、VPNは暗号化通信を行うため、ネット規制を回避できる以外にも、盗聴や改ざんやなりすましなどの被害をうけにくくなります。

中国政府がVPNへの規制を開始

中国政府がVPNへの規制を開始

VPNへの規制の歴史

「中国でもVPNがあるとインターネットが普通にできる!」と世間に知れ渡った数年後から中国政府によりVPN接続への規制が始まりました。

2012年04月 DNSキャッシュポイズニング開始
2013年01月 接続済みのVPN接続の切断を開始
2017年01月 VPN全面禁止発令
2017年08月 PPTP、L2TP接続不可
2017年11月 SS(ShadowSocks)接続不可
2018年05月 SSR(ShadowSocksR)の通信の遮断開始

ネット規制は、これらのグレートファイアウォール(GFW)のシステム強化だけではありません。中国国内の届け出を行っていないVPNプロバイダーの解散なども行っています。又、有名な海外のVPNプロバイダーに対しては、WEBサイトの遮断やサーバーへ接続できないように集中した妨害なども行っています。

いろいろある妨害方法

いろいろある妨害方法

DNSキャッシュポイズニング

ブラウザがWEBサイトを開いたときに、ブラウザがDNSサーバーに問い合わせを行います。このときに中国のDNSサーバーが虚偽のIPアドレスを返しWEBサイトを表示をさせなくすることです。FacebookやTwitter等の遮断方法として使用されています。

IPブロック

望ましくないIPアドレスへの通信を検知し、遮断します。

URLフィルタリング

URLに遮断対象語などが含まれていると通信を遮断します。

パケットフィルタリング

パケット通信を監視し、遮断対象語などが含まれていると通信を遮断します。

人工知能や機械学習

人工知能(AI)や機械学習のテクノロジーの発展以降はこれらを使用し、自動的にも検閲を行なっています。

VPN接続ができなくなった中国

VPN接続ができなくなった中国

中国政府によるこれらのVPNに対する規制により、最も一般的なPPTP接続、L2TP接続はもちろん、OpenVPNや、規制に強いとされていたSS(ShadowSocks)やSSR(ShadowSocksR)も接続できなくなったり、接続後すぐに遮断されるようになりました。

中国政府は今後も言論統制を緩めることはないと明言しておりますので、グレートファイアウォール(GFW)によるネット規制を継続すると思われます。

タイトルとURLをコピーしました